タイトル

実世界と仮想空間の狭間をつなぐヒューマンプローブ技術

趣旨

ヒューマンプローブ研究会(HPB)では,2014年2月28日(金),東京大学(生産技術研究所内)におきまして,第10回目となります研究発表会を下記の通り開催致します.本研究会では,モバイル通信,センサ解析,GIS,交通工学,ITS,人間行動学,参加型センシング,予防医学,スポーツ分野,インタラクティブデザイン,文章解析などの分野を中心として,分野横断的な研究交流を積極的に進めており,本開催にあたっては,研究会会員の皆様はもとより,多くの関連する分野の皆様からの研究成果論文・活動報告論文を発表して頂きます.ご興味のある方,是非,ご参加頂ければ幸いと存じます.

日程

2014年2月28日(金)

会場

東京大学 駒場第2キャンパス As棟311 中セミナー室4

時間

13:00〜17:50(懇親会:19:00〜)

会費

一般3,000円,学生2,000円

プログラム

一般講演:発表 15 分 + 質疑応答 5 分

挨拶

開会挨拶 ( 5分 )

13:05 - 13:25

ユーザ参加型環境センシングに応用するゲーミフィケーションシステムの提案
○重田航平・田島誠也・中下 岬・岩井将行(東京電機大)

13:25 - 13:45

直前の移動情報を用いた歩行中のスマートフォン利用における危険場面の予測
○佐伯 翼・岡崎侑哉・細川茂樹・藤波香織(東京農工大)

13:45 - 14:05

AR技術を用いた無線ネットワークの信号強度可視化システムの検討
○武田直人・村岡 諒・小林秀幸・高橋晶子(仙台高専)

14:05 - 14:25

道路の区画ID方式に基づくヒューマンプローブにおける低消費電力な測位手法の提案
○細川茂樹・藤波香織(東京農工大)

休憩

招待講演:14:40 - 15:25

人間を巻き込んだ場・状況のセンシング 近藤 一晃(京都大学)

休憩

15:40 - 16:00

CO2濃度センシングのためのFTドライバを用いたモバイルプラットフォームアプリの提案
○田島誠也・重田航平・中下 岬・岩井将行(東京電機大)

16:00 - 16:20

スマートフォンを用いた移動動作の識別に関する一検討
○にいだ新井田 悠・永長知孝(関東学院大)

16:20 - 16:40

参加型センシングにおけるカバレッジと質を考慮したノード選択手法の検討
○坂本敬太・青木俊介・伊藤昌毅・瀬崎 薫(東大)

16:40 - 17:00

iCSM: Automatic Recognition of Passing Automobile Sound Towards Sound Maps
○Itaru Usami(Aoyama Gakuin Univ.)・Niwat Thepvilojanapong(Mie Univ.)・Naofumi Kitsunezaki・Yoshito Tobe(Aoyama Gakuin Univ.)

休憩

17:15 - 17:45

総合討論「ヒューマンプローブの可能性と今後」

閉会挨拶


添付ファイル: fileshigeta-s.pdf 1427件 [詳細] filetajima-s.pdf 1319件 [詳細] file65586-manu-s.pdf 1226件 [詳細] file65362-manu.pdf 3221件 [詳細] file65534-manu.pdf 1879件 [詳細] file65580-manu.pdf 2467件 [詳細] file65538-manu-dummy.pdf 616件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-17 (金) 17:27:22 (401d)