IEICE HPB第16回研究会@法政大

 ヒューマンプローブ研究会(HPB)では,2017年2月22日(水)において,第16回目となります研究発表会を下記の通り開催致します.本研究会では,モバイル通信,センサ解析,GIS,ITS,人間行動学,参加型センシング,インタラクティブデザイン,観光,人と場所のつながりデザイン,などに関連する分野を中心として,分野横断的な研究交流を積極的に進めております.ヒューマンプローブ分野の学術的発展のためにも,是非,ご参加頂ければ幸いと存じます.

開催概要

  • 巡回バス東小金井発:9時49分、10時09分、があるようです。
  • 参加費:一般3000円,学生無料
  • 招待講演:法政大学 情報科学部 デジタルメディア学科 藤田悟教授 http://cis.hosei.ac.jp/depts/dm/fujita/
  • 発表時間: 一般:20分(15分発表,5分質疑),学生・萌芽:15分(10分発表,5分質疑)

プログラム (受付開始 10:00)

開会挨拶(10:30〜10:40)  HPB研究会 委員長 伊藤昌毅

セッション1(学生発表) (10:40〜11:40)  座長:東京大学 伊藤昌毅

(1) 10:40 - 10:55
キャプション生成技術の360度カメラ画像への適用
○神山 崇・岩井将行(東京電機大)
(2) 10:55 - 11:10
位置情報付きツイートを用いた地域イベントのネガポジ判定システム
○嶋田憲幸・岩井将行(東京電機大)
(3) 11:10 - 11:25
災害時の効率的共助を実現する備蓄品貸借アプリケーション
○塚田章太・岩井将行(東京電機大)
(4) 11:25 - 11:40
電力センサと振動センサを用いたオフィスにおける行動パターン推定
○山田恭平・水戸慎一郎(東京高専)

昼食

招待講演セッション (13:10〜14:10)  座長:東京電機大学 岩井将行

(5) 13:10 - 14:10
「床を見れば、位置がわかる - 床指紋: 床画像の高速照合技術」
藤田悟(法政大学情報科学部ディジタルメディア学科 教授)

休憩 ( 15分 )

セッション2(画像とセンシング) (14:25〜15:35)  座長:名古屋大学 薄井智貴

(6) 14:25 - 14:45
センサとカメラ映像を融合したPDRの提案
○根岸拓郎・藤田 悟(法政大)
(7) 14:45- 15:00
Probe Request Packet検出と顔認識を協調した在室管理システム
齋藤悠一・○岩井将行(東京電機大)
(8) 15:00 - 15:20
歩行中の回避行動認識にもとづく日和見センシングによる路面異常検出
○石川 剛・藤波香織(東京農工大)
(9) 15:20 - 15:35
ユーザ参加型センシングのための巡回経路シミュレータの提案
○米長洋二・岩井将行(東京電機大)

休憩 ( 10分 )

セッション3(行動推定・通信) (15:45〜17:00)  座長:東京大学 金杉洋

(10) 15:45 - 16:05
シミュレーションを用いた歩行者の位置予測と経路推定
○伊織 瞳・藤田 悟(法政大)
(11) 16:05 - 16:25
複数のウェアラブル端末の位相差を用いた行動推定
○伊藤 将・藤田 悟(法政大)
(12) 16:25 - 16:40
音楽イベント初心者の応援行動の同期性向上を図る無線通信ペンライトシステム
○岩本祐磨・岩井将行(東京電機大)
(13) 16:40 - 16:55
Maimai: 拡張性を重視したラズベリーパイによる実空間に対する音声コマンドシステム
○盒衿人・岩井将行・野中直樹(東京電機大)

閉会挨拶(16:55〜17:00)  

懇親会(17:30〜19:30) ※会場付近で行う予定です

HPB研究会懇親会情報
2/22(水) 17:45-
さかなや道場 東小金井店
会費3,150円(飲み放題付鍋コース 3500円の10%offクーポン適用)
予約名HPB研究会岩井
開始17:45-
https://r.gnavi.co.jp/g192875/
地図
https://r.gnavi.co.jp/g192875/map/

前日の23:59分までに人数を伝える必要あり(当日でも多少なら許されそう) 

ご参加可能な方は
岩井iwaiあっとまーくim。dendai。ac。jpまでご連絡ください。

発表申込み

  • 論文申込みシステム(右記リンク)からお申し込み下さい.  http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-HPB
  • 一般講演申込み〆切日(2/17:延長しました!)までに,上記サイトより,発表タイトル,名前,所属,概要(200字程度)を投稿して下さい.
  • その後,論文投稿〆切日(2/20)までに,講演論文(2〜8枚程度・PDF形式)を投稿して下さい.
  • 今回も学生発表や先進的・萌芽的研究発表も募集しています。本セッションには講演論文(1〜2枚程度)からまだ研究として未完成なものもご投稿ご発表いだだけます。「備考」欄に学生発表・萌芽発表希望とご記載ください。発表・質疑時間は通常より短めになります。
  • 論文書式は電子情報通信学会に準拠してください.(http://www.ieice.org/jpn/kenkyuukai/shorui.html
  • 論文は日本語・英語どちらでも構いません
  • 発表論文の著作権は著者に帰属します.

スケジュール:

  • 2017年1月11日(水): 一般講演申込み・論文投稿サイトオープン
  • 2017年2月17日(金): 一般講演申込み〆切(概要〆切)→延長しました!
  • 2017年2月20日(月): 論文投稿〆切

テーマ: 「IoTにより行動を捉える!」

  • キーワード:モバイルセンシング、人の流れ、ゲーミフィケーション、スマホ、参加型、人間行動認識、AR技術,ITS、観光など

HPB専門委員会:

  • 委員長:  伊藤 昌毅(東京大学 生産技術研究所)
  • 副委員長: 飯塚 重善(神奈川大学 経営学部)
  •       薄井 智貴(名古屋大学大学院 経済学研究科)
  • 幹事:   岩井 将行(東京電機大学 未来科学部)
  •       金杉 洋(東京大学 地球観測データ統融合連携研究機構)

キャンパスマップ鳥瞰図

  • http://mech.ws.hosei.ac.jp/img/camp_top.jpg

     


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-22 (水) 09:27:56 (574d)