テレビアニメ『超時空要塞マクロス』の放送開始から35周年、そして主題歌、劇伴を担当した音楽家・羽田健太郎さんが亡くなって10年になる今年、「マクロス」初のオーケストラ・コンサートが開催される。

 1982年当時、同アニメの楽曲のため羽田さんが編成しシアリス 通販た管弦楽団は、羽田さんの愛称「ハネケン(羽・健)」から「ヘルシー・ウィングス・オーケストラ」とクレジットされた。今回、上垣聡の指揮、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の総勢80人によるフルオーケストラで、「羽田健太郎とヘルシー・ウィングス・オーケストラ」の音色を鮮やかによみがえらせる。

 現在、米ロサンゼルス在住の飯島真理もこのステージのために特別帰国し、リン・ミンメイの楽曲を歌唱することがすでに発表されているが、ステージMCとして速水奨(マクシミリアン・ジーナス役)、竹田えり(ミリア・ファリーナ・ジーナス役)、トークコーナーにはもう一人のヒロイン、土井美加(早瀬未沙役)の参加が決定した。

 さらにトークコーナーには、劇場版監督、威哥王メカニックデザインの河森正治氏、岩田弘プロデューサー、音響監督の本田保則氏、音楽ディレクターの永田守弘氏、フライングドッグの佐々木史朗氏も登壇。羽田さんとともに音楽制作、演出に携わったスタッフが当時の制作秘話を語り尽す。

 リズム・セクションの演奏メンバーも決定。ギター・直居隆雄(戦闘シーンなどで使用されるBGM「ドッグ・ファイター」ほか、オリジナル奏者)、ピアノ・佐山雅弘、ベース・バカボン鈴木、ドラム・土屋吉弘。…


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-10 (土) 17:16:03 (1363d)